なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年2月16日の大崎裕史の今日の一杯

鹿児島県鹿児島市市役所前

第5回鹿児島ラーメン王決定戦は2月17日17時まで開催!
イベント自体を「今日の一杯」で書くのは邪道だと思うのだがどうしても記しておきたいので書かせていただく。第1回から参加しており、今年で5回目。年々「熱く」盛り上がっており、全国でもトップクラスのラーメンイベントに進化した。わずか3日間のイベントだが1位の店は8−9000杯を提供することになる。1日平均の杯数は驚異的だ。
まず前年の夏に全県で人気投票を行う。今年は36161票という過去最多の投票。(ただし昨年の決定戦ベスト3はシード枠として投票対象ではない。)その結果が12月のテレビ番組で放送。22%を超える驚異的な視聴率が鹿児島県民のラーメンの熱さを物語っている。この上位から出店交渉をし、今年は6店舗の辞退があったものの初出店5店舗を含む、15店舗が決定。シード三店舗(五郎家、TAKETORA、サカノウエユニーク)を含む18店舗が「鹿児島ラーメン王決定戦」へ出店することになる。
鹿児島の人気店と言っても1軒1日の売上は3−400杯。ところがこのイベントでは1日3000杯出すところもあるのだからその準備たるや大変なものだ。私もイベント前日入りしてラーメン店に行きたいのだが人気のラーメン店はこの準備でほとんどが臨時休業中。店によっては2月頭から休んで準備に入ってるほどの気の入れよう。

第1回の時はほとんどが豚骨ラーメンだった。地元の「鹿児島ラーメン」ばかり集めたイベントだから当然そうなる。しかし、回を重ねる毎に各店舗は研究をし、このイベントのためのメニューを考案するようになる。今年は半分の9店舗が豚骨系、残りの半分が別味。(醤油3、塩、味噌、トマト、煮干、担々麺、汁なし担々麺)創業73年の老舗「ざぼんラーメン」は創業以来初めて醤油味のラーメンを提供するという。
盛り付けや具の扱い方にも進化がある。いろんなネーミングのチャーシューが登場。メニュー名を見ただけでも食べてみたくなる。それほど、このイベントにかけ、昨年出たところは1年がかりでのリベンジだ。だからこそ、練りに練られたラーメンが登場する。この内容が一杯700円で提供されるのだから驚く。採算度外視のラーメンはイベントで何度も見たことがあるが、「この手数の多い」ラーメンをイベントで提供できるのだろうか?というラーメンも多数ある。これは人海戦術である。店によっては15人以上連れてきているところもあり、親戚全部集めてもそんなにいないだろうと思う。

そしてあまりにもそそるメニューが多かったので5回目にして初めて全店シェアして食べてみた。いや〜素晴らしい。手数もかかっている。地元だからこそ出来るラーメンもある。来場者もできるだけいろんなラーメンを食べて各店舗の努力と工夫の結果を味わって欲しい。

あと二日間の熱闘、そして結果発表。ドキドキである。
※写真は15−18番ブースのラーメン。最初の内、中継だなんだで写真を撮らなかったため。

1.五郎家 クリスピーフライドチャーシュー&炙り&鉄板コロチャーのとんこつラーメン
2.サカノウエユニーク ごちそば(塩)
3.そばる 特製鴨ねぎ醤油そば~九条ねぎと焼きねぎのマリネ~
4.麺屋河童の雫 河童のトリトン(豚骨)
5.麺屋剛 濃香豚骨!!剛麺3号~人生最後に食べたいラーメンを作ってみた~
6.こだわりらーめん十八番 黒豚とんてき無敵麺(豚骨)
7.製麺ダイニングjango こく旨トンコツ(自家製中太麺)
8.らーめん専門 くりやま くりやまらーめん~かごしま黒豚水餃子プラス~(豚骨)
9.チュウカソバキミイロ 名山ジンジャージンジャー(醤油)
10.麺食堂 TaRa 麻辣こってり豚SOBA~デスデス麻辣肉味噌と黒マー油がけ~
11.THE SNOOUP 濃厚トマトクリーム海老あさり~オーガニックトマトと丸ごと海老のやさしいスープと春野菜のRAMEN~
12.鹿児島らーめん たけ家 喜界島産オーガニック胡麻ブレンド 担々麺
13.ざぼんラーメン あんかけ!五目タンメン(醤油)
14.薩摩本流ラーメン 仏跳麺 Wチャーシュー維新ラーメン(豚骨)
15.Noodle Laboratory 金斗雲 黄金雲!!~照り焼きトーフステーキ&ジューシーチキン~バターフレーバーオイル添え~(味噌)
16.麺屋トラノコ 煮干中華そば~アサリ出汁との調和~(煮干)
17.TAKETORA 究極開聞岳~クアトロちゃーしゅうスペシャル~(豚骨)
18.麺酒場 木村本店 本場四川汁無担々麺

お店データ

第5回 鹿児島ラーメン王決定戦

鹿児島県鹿児島市本港新町4-4(市役所前)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。